役立ち情報

解雇は「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、 その権利を乱用したものとして無効」

投稿日:

雇用契約を会社側から終了させるのが「解雇」

解雇は「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、
その権利を乱用したものとして無効」

雇用契約の労働者とは、使用者による指揮監督下において労務を提供し、
当該労務提供の対価(賃金)を受ける者

就業規則の解雇できる理由に該当しなければ、解雇できない。

私情による解雇は合理性が否定される。

労働者の権利として簡単に解雇はできない。

週刊ポスト
2018年3月23日/30日合併号より

-役立ち情報

Copyright© ニュースランナー , 2019 All Rights Reserved.