ニュース

後期高齢者医療 低所得者の保険料軽減措置を廃止へ 月額1140円に

投稿日:

後期高齢者医療 低所得者の保険料軽減措置を廃止へ 月額1140円に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181213/k10011745061000.html
2018年12月13日 5時11分
記事によると

・厚生労働省は、後期高齢者医療制度をめぐり、年金収入が低い人の保険料月額の負担を軽減する特例措置について、段階的に廃止する。

・75歳以上の人が加入する後期高齢者医療制度では、保険料の自己負担が、年金の収入額に応じて決められている
このうち、年金の収入が年間168万円以下の約740万人については、保険料を最大で9割軽減する特例措置が取られている。

・現在は年金収入が年額80万円以下の人は、保険料の自己負担は平均で月額380円
年金収入が年額168万円以下の人は、保険料の自己負担は平均で月額570円
特例措置の廃止で、いずれも月額1140円に増える。

・厚生労働省は、消費税率の引き上げに合わせて、低所得の高齢者に対して給付金を支給したり、介護保険料の負担軽減を拡充したりすることにしている。

-ニュース

Copyright© ニュースランナー , 2019 All Rights Reserved.